読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細菌は万病の元!免疫力を高く保とう

黴菌やウィルスなど病気を招く微生物、即ち病原体が口から肺の中へ入り込み罹患してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を露呈している有様を「肺炎」と断定しています。


クモ膜下出血(SAH)とは9割近くが脳動脈りゅうと呼ばれる脳の血管の不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血する事が理由となって発症してしまう命にかかわる深刻な病気だということを多くの人が知っています。


チェルノブイリ原発の事故に関する後追い調査のデータからは、成人に比べると体の小さい未成年のほうが放出された放射能の深刻な影響を一段と受けやすいことが明らかになります。


ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間に存在して緩衝材のような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名前の円形の組織が突出した様子のことを表します。


乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月1日より原則無料で受けられる定期接種になり、集団接種ではなく病院などの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種に変わりました。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや運動は無論、全身の健康や美容を目的として、補助として複数のサプリメントを採用する事がまったくおかしくなくなっているのです。